正しい妊活のやり方について

https://pixabay.com/ja/

ここ数年で、妊活という言葉を耳にする機会が増えたと思います。

妊活は、「妊娠活動」の略で、結婚生活も落ち着いたので、そろそろ子どもが欲しいな…と思い始めている方や、実際に避妊を辞めて妊娠を望んでいるのに妊娠しないという方など、結婚年数や避妊を辞めてからの期間に関わらず、妊娠をしたいと思っている方が妊娠に向けて行う活動を指します。また、今は希望していないけど、将来的に妊娠を希望している方も対象になります。

では、具体的に妊活とはなにをすればいいのかはご存じでしょうか?ここでは、妊活の必要性や、具体的な妊活の内容についてお話ししたいと思います。

「妊活はじめます!」でも何をすればいいの?

なぜ妊活が必要なの?

妊娠の確率は年齢と共に下がっていくということはご存じの方も多いと思います。

2016年の平均初婚年齢は夫31.1 歳、妻29.4歳で、第1子出生時の母の平均年齢は30.7歳となっています。約30歳で妊娠するのが平均的という結果ですが、では30歳の妊娠率はご存じでしょうか?排卵日にタイミングがあったとしても、妊娠できる確率は20%です。

つまり5回夫婦生活を営んで1回しか妊娠しない確率になります。通常女性の排卵回数は年に12回前後ですが、毎回排卵日あたりに夫婦生活を営むのは難しいケースが多いでしょう。この状態を考えると、妊娠することが思っている以上に難しいことはわかって頂けるかと思います。年齢のことだけでなく、共働き家庭が増えていること、平均月収の低下、環境汚染、食品添加物の摂取など妊娠率を低下させる要因が多い現代です。だからこそ、妊娠の確率を上げるために妊活が必要になるわけです。では、具体的にどんな活動が妊活になるのかを見ていきましょう。

妊活の方法

妊娠しづらい環境が整っている現代で妊娠を目指すには、自分のからだを妊娠しやすい状態に持っていくことが必要になります。これは女性側だけではなく、もちろん男性側も必要です。昔から不妊は女性側に問題があるとされることが多かったですが、男性側に原因があることも多々あります。妊活は、ご夫婦が協力して行わなければ意味がありません。妊活の具体的な方法は下記が挙げられます。

1.妊娠がどういう仕組みで成り立つのかを知る

精子と卵子が出会えば妊娠するわけではありません。妊娠するにはステップがいくつもあり、それを1段1段クリアしないと妊娠は成立しません。どんなステップがあって、それをクリアする方法や条件を知ることは妊活するにあたって非常に重要になります。

どうしたら妊娠するの?妊娠しやすい条件について

2.妊娠できるからだの状態にあるかをチェックする

一般的にブライダルチェックと呼ばれる、検診を受けておくことは、自分のからだが妊娠できる状態かを知るために必要なことです。女性の場合は、性感染症の検査や子宮がん検診、子宮や卵巣などに異常がないかのチェックを婦人科で受けることができます。男性の場合は、性感染症の検査や精液検査、前立腺や精巣に異常がないかのチェックを泌尿器科で受けることができます。婦人科で奥様と一緒に受けられるところもあります。お住いの地域でブライダルチェックを受けることのできる病院を検索してみましょう。

妊娠できない原因を調べる「ブライダルチェック」ってなにをするの?

3.妊娠しやすい時期や自分のからだのサイクルを知る

妊活で毎日必要になるのが、基礎体温の計測です。基礎体温は、運動・食事・感情の起伏などの体温に影響を与えるような条件を避けて測定した体温のことで、寝起きの状態で布団から起き上がらずに安静を保ったまま測る必要があります。女性はこの基礎体温が、生理周期によって低い期間と高い期間を繰り返します。これは女性ホルモンの影響なのですが、この基礎体温を毎朝測り続けたグラフをチェックすることで、妊娠しやすい状態になるのかや、おおよその排卵日の予測、次回の生理日の予測、妊娠の早期診断が可能になります。基礎体温を測るということは、女性が自分のからだを知る上で非常に重要な習慣になります。

基礎体温の正しい測り方

4.妊娠しやすいからだ作りをしていく

妊娠する上で重要なのが、卵子や精子の質を上げ、ホルモンバランスを良好に保つことです。これには、必要な栄養を十分に摂り、適度な運動を行い、ストレスを溜めないようにすることが必要不可欠になります。妊娠しやすいからだを作るのに必要な栄養素は男女で少し違います。基本的には栄養バランスの整った食生活を心がけ、それにプラス、妊活サプリと呼ばれる栄養補助食品を摂取することで、簡単に妊娠に必要な栄養を摂ることができます。特に女性の場合は、妊娠前から赤ちゃんの脳や脊髄の形成に必要な葉酸という栄養素の摂取が推奨されています。妊娠を希望した段階から葉酸は積極的に摂取するようにしましょう。運動も妊娠しやすいからだつくりに必要です。運動することにより、血液循環が良くなり、冷え性の改善やホルモンバランスが整うなどの効果が期待できます。また、妊活に大敵なストレス解消にも効果的です。

妊活にストレスは大敵!発散方法をご紹介

5.妊娠を助ける治療を受ける

今まで挙げた妊活の方法を試しても効果がない場合や、なんらかのからだの異常や年齢的に妊娠が難しい場合など、妊娠を医学的に助ける不妊治療という方法があります。タイミング法や人工授精のほか、体外受精、顕微授精、凍結融解胚移植などの方法があり、ご夫婦のからだの状態や年齢などに合わせて治療方法が選択されます。年齢が若いほど治療成績は良いため、不妊治療が必要か知るためにも、ブライダルチェックは早めに受けておきましょう。

不妊治療とは - 何をするの?始めるタイミングや成功率

まとめ

妊娠の確率を上げるためには、妊活が必要です。妊活する!と言うと、なにか特別な感じがするかもしれませんが、妊活の基本は健康的な生活を送ったり、生活習慣を見直すということです。添加物の豊富なインスタント料理やファストフードをやめて自炊するタイミングを増やしたり、ウォーキングやヨガを始めることも妊活になります。そして、妊活はご夫婦でしなければ意味がありませんので、十分な夫婦の会話も妊活といえるでしょう。できることから順番に始めることで、着実に妊娠の確率は上がっていきます。必死にこなすのではなく、無理のないところから妊活を始めてはいかがでしょうか?

  • 主な執筆者
hajimatemom

元看護師HANA

産婦人科看護師として3年間の病棟勤務と、婦人科クリニックで1年勤務経験。現在は2人目を妊娠中

妊娠ママに人気の商品

ベルタ葉酸サプリなら 必要な栄養が取れます

葉酸サプリ人気No1商品です。

葉酸+美容成分たっぷり保湿クリーム

妊娠線はできる前のケアが大事です。無添加・オーガニックの安心商品。

妊娠ボディケアクリーム売上、満足度No1を獲得した商品

産前産後のママの髪と頭皮を優しくケアするシャンプー

産前・産後のデリケートな髪と頭皮のための8つの無添加シャンプー。

更新日:

Copyright© 妊娠の相談室 , 2019 All Rights Reserved.