妊活にストレスは大敵!発散方法をご紹介

妊活の最終目標は妊娠し、出産することです。

この最終目標が達成できるかは、妊活をされているご夫婦にも産婦人科の医師にも誰にもわかりません。ゴールが見えないのが妊活の辛いところです。目の前かもしれないですし、ずっと先かもしれません。妊活を初めて間もなくは、妊娠への期待や希望が勝っているため、ご夫婦ともに頑張れますが時間が経つにつれ、妊娠しないことへの焦りや苛立ちや不安が増し、ご夫婦の関係を保つことが難しくなるケースもあります。

そうなってしまっては本末転倒です。

いかにストレスを溜めずに妊活を続けるかが、妊活成功の秘訣といっても過言ではないでしょう。ここではストレス解消しながら妊活ができる方法をご紹介したいと思います。

妊活中のストレス発散方法

からだを動かそう

ストレス解消法は人によってさまざまな方法がありますが、妊活効果のあるストレス解消法と言えば運動です。

デスクワークが多く、残業や休日出勤の多い現代では運動習慣のある人は男性で37.8%、女性で27.3%と非常に低く、20歳代が最も低い(男性17.1%、女性8.3%)ことが平成27年「国民健康・栄養調査」で明らかになっています。

運動不足はストレス解消の機会を逃がすだけでなく血流を悪くし、からだを冷えさせ、ホルモンバランスの不調を招き、妊娠しにくいからだを作ってしまう原因となりかねません。

つまり十分な運動を行えば血流が良くなり、からだも温まり、ホルモンバランスの改善やストレス解消に繋がるということになります。

ではどのような運動が妊活に効果的でしょうか?

妊活に最適な運動法

ヨガ

ヨガは、呼吸、姿勢、瞑想を組み合わせて心身の緊張をほぐし、心の安定とやすらぎを得る効果があるとされています。

ヨガを行うことで、からだのゆがみを取ったり冷え性や便秘の改善、ホルモンバランスの調整や強化、ストレス解消やストレス耐性の向上など妊活において重要な効果が期待できます。

不妊専門の病院でもヨガが取り入れられているところもありますし、妊活専門のヨガ教室もあります。

妊活に効果的なヨガのポーズを覚えれば仕事や家事の隙間時間になんの道具も必要なく手軽に妊活とストレス解消ができますので、ぜひ生活にヨガを取り入れてみましょう。

ウォーキング

ウォーキングは、ふくらはぎや太ももなど下半身の筋肉への刺激効果によって血流が良くなり、むくみや冷えの解消に繋がります。

下半身の冷えは子宮などの内臓も冷えさせ、妊娠しづらい状態となってしまいますので背筋をピンとした状態で太ももをしっかりあげてウォーキングを行うことで、妊娠しやすいからだ作りができます。外に出なくても踏み台を使って踏み台昇降を行うことで同様の効果を得ることができます。踏み台を昇り降りするだけなので、テレビを見ながらでも行うことができます。

家事のレトロ化

炊事やお風呂に入るのに薪を準備したり箒や雑巾を使って掃除していた昔と違い、家電製品が便利になった現代では、家事でからだを動かすこともあまりないでしょう。

生活全般を通して運動量が落ちていることは明らかです。

愛知県の吉村医院という産婦人科医院では妊婦さんが医院敷地内の古屋に集まり、薪割りや雑巾がけ、井戸の水くみ、畑仕事など昔ながらの家事のやり方でからだづくりをし、お産に備えるというスタイルが取られています。

薪割りや水くみを実際にご家庭で行うには無理がありますが、雑巾がけをしたり、ガーデニングをしたり、徒歩でのお買い物などは実践できるかと思います。

雑巾がけは、骨盤底筋という子宮や内臓を支える筋肉を鍛えることができ、子宮や内臓の働きを良くする効果があります。花や野菜を育てるガーデニングは、土づくりをしたり、肥料を撒いたり、雑草を抜いたり、花や実の様子を観察したり、きちんとやれば意外に体力を使う作業です。

野菜を植えれば収穫の楽しみもあり、無農薬野菜を作ることもできます。買い物を徒歩で行うことは、ウォーキングの効果と共に帰りの荷物の量を考えて買うものを厳選することで節約にも繋がります。

できるところから家事のレトロ化を試してみましょう。

夫婦の会話の時間をとろう

妊活はご夫婦で行う共同作業です。

片方が頑張るだけでは、成立しませんし、負担の偏りは夫婦関係の悪化を招いてしまいます。妊活中は特に、お互いを思いやる気持ちを忘れないようにしましょう。

そして、夫婦関係が円満であることが妊活の基礎になることを忘れないで下さい。妊娠しても、夫婦が不仲になってしまっていては元も子もありません。

夫婦円満には、会話が必要です。信頼し、心を許しているパートナーとの会話はストレス解消にも繋がります。

できる限り朝食や夕食の時間は合わせて会話する時間を取りましょう。

まとめ

妊活効果のあるストレス解消法として、運動と、夫婦の会話の2つをご紹介しました。

当たり前と言えば当たり前なことですが、時間に追われている現代ではこれらが難しいご夫婦も少なくありません。できることから少しずつ生活に取り入れてみましょう。

胎内記憶という話をご存じでしょうか?幼い子どもが胎内の様子や産まれてくる前の話をしてくれることがあるそうですが、よく聞くのが、お母さんやご夫婦の様子を見てここに産まれてくることを決めたというものです。

優しそうなお母さんとお父さんが仲良く話しているのを見れば、ここに産まれたいと思って来てくれるかもしれません。

夫婦円満でストレスのない状態が、妊活において一番重要なのかもしれません。

参照リンク

日本生活習慣病予防協会

http://www.seikatsusyukanbyo.com/statistics/2017/009294.php

日本ヨガ連盟

http://www.npo-yoga.com/about_yoga/mokuteki.html

 

  • 主な執筆者
hajimatemom

元看護師HANA

産婦人科看護師として3年間の病棟勤務と、婦人科クリニックで1年勤務経験。現在は2人目を妊娠中

妊娠ママに人気の商品

ベルタ葉酸サプリなら 必要な栄養が取れます

葉酸サプリ人気No1商品です。

葉酸+美容成分たっぷり保湿クリーム

妊娠線はできる前のケアが大事です。無添加・オーガニックの安心商品。

妊娠ボディケアクリーム売上、満足度No1を獲得した商品

産前産後のママの髪と頭皮を優しくケアするシャンプー

産前・産後のデリケートな髪と頭皮のための8つの無添加シャンプー。

更新日:

Copyright© 妊娠の相談室 , 2019 All Rights Reserved.