陣痛はどれぐらい痛い?出産の流れを詳しく解説

妊娠してから出産に至るまで、さまざまなトラブルや悩みが尽きなかった方も多いかと思います。妊娠は経過が約10か月間と長く、その期間に精神面や身体面、社会面にもいろいろな変化が訪れますが、出産時には数日の間にそれ以上の変化が怒涛のように押し寄せてきます。

ここでは、出産の流れについてお話ししたいと思います。

出産が始まる「陣痛」の痛み

出産はいつから始まるのでしょうか?「おしるしが出た時」や「お腹の痛みがきつくなった時」と答える方もいらっしゃるかもしれませんが、出産の開始は、陣痛が約10分以内の周期で来るか、1時間に6回の頻度になった時点です。産婦人科を受診するめやすとして「陣痛が10分おきになったら」と言われる場合が多いですが、この状態が、出産がこれから進んでいく徴候と言えるからです。

経産婦さんで、前回の分娩時間が短かった場合には、それ以上に早く産まれる可能性があるため、陣痛が10分おきになるまで待たずに受診をするように言われるケースがあります。事前に、どれくらいの間隔になったら受診すべきかかかりつけの産婦人科で確認を取っておくのがベストです。また、出血がおりものシートに収まらないくらいの量が出たり、お腹が張った状態のまま続いたり、破水したり、痛みが激しい場合にはすぐにかかりつけの産婦人科に連絡するようにしましょう。

陣痛から出産までの流れ

出産は「分娩第1期」から「分娩第3期」まであり、下記のような流れになります。

分娩第1期

出産開始から子宮口が全開大(開ききった状態)までの期間で、分娩時間を左右するのがこの時期になります。

分娩第1期の所要時間は個人差が大きく、産婦人科に着いて30分で産まれる人もいれば、微弱陣痛で3日間陣痛に苦しむ人もいます。所要時間は、初産婦さんで平均10~12時間、経産婦さんで5~6時間です。どれだけ時間がかかるか明確にはわからないため、ママにとってはいつ終わるかもわからない痛みが波状攻撃で襲ってくる辛い時間です。しかも痛みは間隔を狭めつつ、格段に痛くなってきます。

この時期は、痛みにひたすら耐えながら、水分補給はしっかり行い、食べられるなら食事も摂り、寝られるなら陣痛が来ていない間だけでも眠りつつ、体力を温存しましょう。そして、痛みで呼吸が浅く速くなりがちですが、赤ちゃんが酸欠にならないように、しっかり大きく深呼吸をして酸素を送ってあげましょう。パパやご家族が付き添ってくれるなら、腰あたりをさすってもらったり、ゴルフボールなどの硬いもので押してもらうことで痛みが緩和できる場合があります。

分娩第2期

子宮口全開大から赤ちゃんが胎外に完全に出てくるまでの期間で、赤ちゃんが骨盤内に入っていき、4回くるくる回旋しながら産道を押し開いて外に出てきます。痛みはピークに達し、陣痛の間隔もほとんどなくなり、ママにとって一番苦しい時ですが、ゴールはすぐそこです。赤ちゃんも狭いところを全身ギューギュー押されて、苦しい中をなんとか外に出ようと頑張っています。分娩第2期の所要時間は初産婦さんで約60分、経産婦さんで30分です。

いきむタイミングは、子宮口が全開大になって陣痛が来ている時で、助産師さんや先生が教えてくれます。陣痛の痛みが来ている時は、赤ちゃんを押し出そうと収縮している状態なので、その力とママがいきむ圧力で赤ちゃんを外に押し出します。決して陣痛が治まっている時はいきまないようにしましょう。陣痛が治まっている時は、ゆっくり大きく深呼吸をして酸素を赤ちゃんに届けてあげましょう。

陣痛がきている時は、赤ちゃんは酸欠状態で、酸欠状態が続くと赤ちゃんの状態が悪くなることもあります。陣痛がきている時はしっかりいきみ、陣痛が治まっている時はゆっくり深呼吸をして自分の体力温存と赤ちゃんへの酸素供給に努めましょう。

赤ちゃんが降りてきて、頭で膣口を押し広げ、十分薄くなったタイミングで会陰切開が行われます。多くの場合、陣痛が痛くて会陰切開の痛みは感じません。赤ちゃんの頭が出てくればいきむ必要はなく、肩が出れば、あとはスルスルッと出る場合が多いです。

出産時の解放感と赤ちゃんの産声を聞いた瞬間は一生忘れられない思い出になることでしょう。

分娩第3期

赤ちゃんが産まれた後から、不要になった胎盤が出てくるまでの期間で、所要時間は20~30分以内です。胎盤はママの子宮の壁にひっついて、へその緒で赤ちゃんと繋がっていた器官で、赤ちゃんに栄養や酸素を供給したり、ウイルスや細菌、有害物質をある程度シャットアウトする大事な役割を担っていました。胎盤はその役割を終えて、自然に剥がれ、子宮はその剥がれた面からの出血を抑えるためにギュッと収縮します。この収縮が後陣痛(あとばらとも言います)の正体です。後陣痛は経産婦さんのほうがきついことが知られています。胎盤が出た後、会陰切開の部分などを縫合します。

破水っていつするの?

分娩第1期から第2期の子宮口が全開大になってから、破水するのが通常です。陣痛が起こる前に破水した場合は前期破水と呼ばれ、陣痛開始から子宮口が全開大になるまでに破水した場合は早期破水と呼ばれます。前期破水の場合、無菌状態だった赤ちゃんのいる空間に菌が侵入できる状態になるため、陣痛が来ない場合や、感染の徴候が見られた場合には帝王切開となることもあります。もし、家にいる時に前期破水してしまったら、すぐにかかりつけの産婦人科に連絡し、受診するようにしましょう。破水して濡れたり汚れたからといって、絶対にお風呂やシャワーには入らないように注意して下さい。お風呂やシャワーによって菌が子宮内に入り感染症を起こせば非常に危険です。

まとめ

妊娠・出産を通して、目まぐるしい変化がママを襲います。人生のうちでこれだけいろいろなことが起こるのは、妊娠・出産の時しかないかもしれません。女性のからだはそれに耐えられるだけの力がありますが、やはり周りの支えなくしては非常にしんどいものとなります。

妊娠・出産はママだけが背負うものではなく、パパやご家族が一体となって頑張るべきものです。特にパパには製造責任者として、ママのサポートを積極的にしてもらわなければいけません。一緒に妊娠に関する本や雑誌を読んだり、病院や自治体が主催する両親学級に参加して、少しずつでも育児や家事ができるパパになってもらいましょう。

  • 主な執筆者
hajimatemom

元看護師HANA

産婦人科看護師として3年間の病棟勤務と、婦人科クリニックで1年勤務経験。現在は2人目を妊娠中

妊娠ママに人気の商品

ベルタ葉酸サプリなら 必要な栄養が取れます

葉酸サプリ人気No1商品です。

葉酸+美容成分たっぷり保湿クリーム

妊娠線はできる前のケアが大事です。無添加・オーガニックの安心商品。

妊娠ボディケアクリーム売上、満足度No1を獲得した商品

産前産後のママの髪と頭皮を優しくケアするシャンプー

産前・産後のデリケートな髪と頭皮のための8つの無添加シャンプー。

投稿日:

Copyright© 妊娠の相談室 , 2019 All Rights Reserved.