妊娠の肩こりの原因と治し方 ~ 妊娠初期の頭痛など

https://pixabay.com

妊娠してから肩こりになった、元々肩こりだったけど妊娠してからひどくなったなど、妊娠と肩こりは一見関係なさそうですが、実は妊娠によって肩こりが起こることはあります。肩こりは、日常生活や仕事の妨げになりますし、できるなら解消したいところです。またひどい肩こりは頭痛の原因にもなります。

ここでは妊娠中の肩こりについてお話ししたいと思います。

妊娠の肩こりの原因と治し方

肩こりの原因

肩こりは、血行不良や過度の筋肉の緊張などが原因となりますが、妊娠中の身体はこれらの原因が起きやすい状態と言えます。妊娠初期はホルモンが急激に変化する時期ですし、妊娠中期以降は姿勢の変化や骨盤のゆるみが起きやすい時期になります。妊娠中の肩こりが起きやすい原因として下記の原因が挙げられます。

1.血行不良

妊娠後の急激なホルモンの変化によって、自律神経が乱れたり、ホルモンの作用が強まることによって、血行不良の状態になりやすいです。肩周辺の血行不良は肩こりに繋がります。また、妊娠末期には、心臓の負担がピークとなりますので、末梢まで血液が十分に回らず、肩こりが起こる場合もあります。

2.ストレス

ストレスは、自律神経を乱し、血行不良の原因となります。妊娠は女性にとって大きなライフイベントの1つです。ライフイベント法(ホームズの社会的再適応評価尺度とも言います)という、各ライフイベントがどれだけのストレスをもたらすかを示した尺度がありますが、結婚をストレス度50点としてそれを基準に点数をつけたところ、妊娠はストレス度40点となかなか高いストレス度になります。働く女性に限ると、結婚と同じストレス度50点になります。妊娠はとても喜ばしい反面、身体的・精神的・社会的に大きな変化が起きるため、様々な不安や心配事が出てきやすく、そのストレスが肩こりとして症状に表れることがあります。

3.姿勢の変化

妊娠中期以降は、赤ちゃんの成長に伴い、お腹もどんどん大きくなってきます。そのため、重心の位置が変わり、姿勢にも影響が出てきます。この姿勢の変化は、足腰に負担がかかるだけでなく、背骨のゆがみや肩こりに繋がる場合があります。

4.バストの重み

個人差がありますが、妊娠中はバストのサイズが約2サイズアップすることが知られています。それに伴い、重みも増します。よくバストが大きいと肩がこるという話を聞きますが、それと同じことが妊娠中に起こる場合があります。

肩こりの治し方

肩こりの対処法として下記が挙げられます。

1.入浴

湯船に浸かることは全身の緊張をほぐし、血行改善やリラックス効果をもたらします。肩こりは、腰や首のこりが原因の場合もありますので、全身を温められる入浴はおすすめです。シャワーだけだと部分的に短時間しか温められないため、ぜひゆっくり入浴する時間を取ってみて下さい。

2.マッサージやストレッチ

入浴と同じく、血行改善やリラックス効果、筋肉の緊張を緩和する効果があります。肩周りを動かしたり、いつもは使わない筋肉を動かしたりほぐしたりすることで、肩こりの改善が期待できます。ヨガやマタニティビクスなどもおすすめです。

3.ストレス解消

妊娠による不安を解消するために、自分だけの好きな事をできる時間を確保することも大切です。つわりがひどい時期にはなかなか難しいですが、妊娠中期にはつわりの症状が軽減される場合が多いので、その時期にしたいことを考えたり、プランを練るのもストレス解消に繋がるかもしれません。

4.腹帯や骨盤ベルトの装着

日本では妊娠5か月目の戌の日に安産を願って腹帯を巻く風習があります。この腹帯には、お腹を支えて、腰への負担を減らしたり、冷えを防止する効果があります。昔のさらしの腹帯は巻くのに手間がかかりますが、最近の腹帯はマジックテープやパワーネットタイプのものが主流で、着脱も簡単です。腰への負担が減り、姿勢の変化を少なくすることで、肩こりの改善が期待できます。また、骨盤ベルトを装着する方法もあります。骨盤ベルトは、妊娠中から産後の骨盤が緩む時期に、骨盤をしっかり固定するためのベルトです。骨盤のゆがみは腰痛や肩こりが起きる原因となるため、骨盤ベルトを締めて固定することで肩こりの改善が期待できます。

5.サイズのあったブラを着用

妊娠中はバストの形や大きさなど大きく変化しますが、きちんと今の状態に合ったブラをつけないと肩こりの原因になるだけでなく、形が崩れたり、バストを支えるじん帯が伸びたままになりバストが垂れる原因にもなります。

まとめ

肩こりは、肩周辺の血行不良だけでなく、骨盤や背骨など思わぬところが原因で起こる場合があります。肩周辺のコリほぐしをしても改善が見られない場合には、上記の対処法を試してみて下さい。また、心臓に負担がかかっていることが肩こりの原因である場合もありますので、動悸や息切れ、むくみなどの症状がある場合には、早めに病院に相談しましょう。

 

  • 主な執筆者
hajimatemom

元看護師HANA

産婦人科看護師として3年間の病棟勤務と、婦人科クリニックで1年勤務経験。現在は2人目を妊娠中

妊娠ママに人気の商品

ベルタ葉酸サプリなら 必要な栄養が取れます

葉酸サプリ人気No1商品です。

葉酸+美容成分たっぷり保湿クリーム

妊娠線はできる前のケアが大事です。無添加・オーガニックの安心商品。

妊娠ボディケアクリーム売上、満足度No1を獲得した商品

産前産後のママの髪と頭皮を優しくケアするシャンプー

産前・産後のデリケートな髪と頭皮のための8つの無添加シャンプー。

更新日:

Copyright© 妊娠の相談室 , 2019 All Rights Reserved.